MOA岩見沢通信

アクセスカウンタ

help RSS 土田 英順 チェロ チャリティーコンサート 

<<   作成日時 : 2012/10/24 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第123回
東日本大震災復興支援
土田 英順
チェロ チャリティーコンサート

とき 10月23日(火)開場18:00 開演 18:30 ところ 武部建設ショールーム 結ホール 岩見沢市5条東18丁目31 主催 こぶし山岳会 協力 武部建設 株式会社 株式会社 北海道教育楽器


「土田英順さんのプロフィール」
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲〜菖蒲池の団欒〜」では海外公演も果たす。
東日本震災後は道内のカフェ、公民館、お寺等様々な場所でチャリティーコンサートを開催し続け、多くの方の共感を呼んでいる。

コンサート内容のプログラムは島の歌、アベマリア、愛の挨拶、無伴奏組曲1番、白鳥、G線上のマリア、ノクターン第2番、インドの虎刈り、桜、ふるさと等約2時間のコンサートであった。

大震災・大津波の犠牲になった音楽を愛する舩渡さんは、生前チェロの演奏を楽しんでいました。

主を失ったチェロは、友人によって震災4ヶ月後の7月に舩渡さんの自宅で発見されました。
大震災から1年半・・土田順英さんは大船渡へ行き、そのチェロを授かってきました。

チェロはボロボロに傷んでいて、3週間もの大手術に耐えてくれた舩渡さんのチェロは、
10月21日、見事北海道デビューを果たし、聴衆に大きな感動を与えてくれたとのことです。
このチェロの奏でる音は舩渡さんが乗移ったかのように聴衆に癒しのひと時として、心に響いていた。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土田 英順 チェロ チャリティーコンサート  MOA岩見沢通信/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]